jara日記

jara307cc.exblog.jp
ブログトップ
2008年 04月 30日

浅間尾根ツーリング

久しぶりに頂戴したフリーダムデー。
どこに行こうか前日まで考えた結果、
桧原村の浅間尾根へチャリツーリングへ出ることにした。

f0115549_234149.jpg
前輪はトランクに。本体はリアシートに載せて、シートベルトで固定した。
見るからにスマートじゃない。別の方法を考えなきゃいかんと思う。

f0115549_23525578.jpg

払沢の滝の駐車場に車をデポし、ここから出発。
駐車場前の道路を登っていく。峠の茶屋までは舗装されて快適だ。
なのだが、久しぶりの山道に体力がついていかず、
えっちらおっちら、汗をかきながらの道のりとなった。

f0115549_093188.jpg

30分ほどでようやく峠の茶屋に到着。展望が利くここでは、
山が連なり、眼下には谷が広がっていた。
軽くクールダウンして、汗を引かせる。
しかし、この先の道はもっと過酷だった。

f0115549_0205821.jpg

浅間尾根までは、ガレ場と階段が続く。
僕のテクと脚力ではこの坂道を攻略できず、チャリを押して歩く。
Tシャツにはじっとり汗がにじんだ。

f0115549_0242190.jpg

スタートから1時間と少しで、浅間尾根にたどり着いた。
そこの看板には、江戸時代にはこの土地で産した木炭などを載せた馬が、
この道を行き来したことを説明していた。
暑さでぼーっとした頭で、昔の人や馬はタフだったんだなと思う。

f0115549_0305981.jpg

ここを過ぎると、フラットなダートが続く。
道は下り基調となり、快適なライディングが楽しめた。
しかし、気は抜けない。
突如道幅が20㎝ほどに狭まったり、木橋が現れたりと
時に下車しなければならない場面もあった。
f0115549_0343867.jpg


ずっと尾根道だったが、数馬の集落をめざしてそこを下りる。
檜原街道へ出てしまうと、デポ地まではあっという間。
無事の帰還を祝して、ちとせ屋の豆腐ソフトクリームで体に糖分を補った。
f0115549_0394577.jpg


この日の全行程は29.88㎞。走行時間は2時間26分。
平均速度は12.2㎞。脚力さえあれば、もっと短いタイムで回れるだろう。
[PR]

by jara307cc | 2008-04-30 00:55 | 自転車


<< 帰省ラッシュに巻き込まれる      ニコちゃん大王、世に出る >>