人気ブログランキング |

jara日記

jara307cc.exblog.jp
ブログトップ
2007年 02月 11日

イヌジルシデビュー

どういうわけか、ここ数日犬印鞄製作所のバッグがマイブームになっている。

犬印鞄製作所は、京都の一澤新三郎帆布・一澤帆布のように
帆布を素材にした、シンプルで機能的なバッグをつくっている工房だ。
好事家にはどうやら「西の一澤、東の犬印」といわれているほど
高い評価を受けているらしい。
「犬印」というブランドも、犬飼いの僕にとってはたまらんネーミングだ。

このマイブームはそもそも、ほぼ日手帳のカバーを
十徳犬袋にできないか、というところから始まったものだ。
いろいろリサーチしてみると、他にも物欲を刺激するアイテムがあることがわかり、
ムラムラとわき上がった物欲を抑えきれず、浅草の工房兼店舗に行ってみた。

f0115549_23105822.jpg

店舗は、東武線・浅草駅と仲見世通りに挟まれた馬道通り沿いのビルの2階にある。
入口はいかにも雑居ビル然としているが、店舗に入るとたくさんのお客さんで華やかだ。
f0115549_23532346.jpg

店内には職人が繰るミシンの音が響く。
店舗というより、工房の一部で直売をしている、といった方が
イメージを正確に伝えられるだろう。

店内にあった十徳犬袋のサンプルにほぼ日手帳の本体を合わせてみる。
すると、十徳犬袋の方がサイズが大きく(特に天地)、
あまりフィットしないことがわかった。残念。
来年あたりほぼ日用の手帳カバーを作ってくれないだろうか。
きっと売れると思うんだけど。

でも、せっかく来たのに手ぶらで帰るのもなあ、
ということで、これもちょっと気になっていたiPod用のケースを買った。
f0115549_02941.jpg

見ての通り帆布でできているケースだが、
中は柔らかい布になっているので表面が傷つくことはない。
まだ帆布がゴワゴワしているが、じきになじんでくれるだろう。

これを実際にiPodの本体(第5世代の30Gモデル)をケースに収めてみる。
ドックコネクタに何も接続していなければ本体は完全にカバーの中に収まるが、
icombiを付けると頭が少しだけはみ出てしまう。
ま、仕方ない。ちょっとオツなケースが手に入ったんだし、よしとしよう。

もうひとつ、あるバッグをオーダー。
受注生産なので完成まで1ヶ月かかるという。今から完成が楽しみだ。

これはオマケのお話。
犬印鞄製作所に近い、浅草2丁目の交差点の角にある店で、
ブラーゴ製の1/87のキーホルダーを発見。
f0115549_0163684.jpg

フェラーリが中心に、ランボルギーニやポルシェがちらほらという
スーパーカーなラインナップで、プジョーが見当たらないのが残念だが、
マックのフィレオフィッシュよりも安いという価格設定(200円)に負けて、
ポルシェ911を購入。ここでもプチ散財してしまった。

by jara307cc | 2007-02-11 00:58 | 物欲


<< 梅見      ドイツ(に行ったつもりの)プチオフ >>