<   2008年 06月 ( 8 )   > この月の画像一覧


2008年 06月 25日

丸の内ランチ

f0115549_16384881.jpg

丸の内のインデアンカレーで遅めのランチ。
ルーはちょい辛め。
付け合わせのキャベツは、甘く漬けてあってカレーに合う。
いつものことながら、おいしくいただきました。
[PR]

by jara307cc | 2008-06-25 16:38 | 食欲
2008年 06月 24日

東京タワーはフットタウンが面白い

仕事場が東京タワーに近いこともあって、修学旅行生によく出会う。
「自分が修学旅行に行ったのはン十年も前になるのか・・・」
なんてことを考えながら彼らとすれ違っていると、ふと思うことがあった。
SMAPが「がんばりましょう」で歌っている「努力と根性」は、
まだ東京タワーに存在するのだろうか、と。

そこで、東京タワーへ、検証に行ってみた。
f0115549_23144033.jpg

かつては、昭和テイスト全開で寄る年波を感じさせてくれた東京タワーだが、
数年前に改装して、現代風にこざっぱりとした風で、僕を迎えてくれた。
確かに、平成の世になってから20年。
21世紀になってからだって、すでに7年が経過している。
その年月が、東京タワーの「努力と根性」を押し流してしまったのか。

f0115549_23501249.jpg

いやいや、その残滓は、フットタウンの2階に生きていた。
昔懐かしい土産物が、店頭にぎちぎちと並べられている。
木刀や箸、湯のみといったベタなお土産たちは、
見慣れぬ土地に高揚した子供たちには、ひときわ輝いてみえるのかも知れない。
f0115549_23543870.jpg

惜しみなく原色が使われ、金めっきが施されたそれらを見ていると、
時代が変わっても、子供たちの嗜好はさして変わらないことがわかる。
まだ、どこかに「努力」「根性」と書かれた土産が見つかりそうだった。

f0115549_074453.jpg

白い恋人ライクなお土産(姉妹品に「黒いお台場」アリ)も魅力的だったが、
この日、いちばん心動かされたのはこれ。
f0115549_0121374.jpg

うっかり買っちまいそうになってしまった。
[PR]

by jara307cc | 2008-06-24 00:56 | お出かけ
2008年 06月 13日

メガフード3発め

f0115549_1747910.jpg

メガシリーズの3作めにあたるメガたまごを食べた。

バンズの間に、3枚のパテとたまごが一枚。
全高の高さゆえに食べるのに難儀するのはもはやデフォルトだ。
パテやバンズの地滑りに難儀しつつも、おいしくいただいた。

お約束のカロリーは、0.846メガカロリー。
円・トゥ・カロリーレシオに直すと、2.49kcal/円となる。
メガシリーズとしては控え目なスペックだが、
ハイカロリーであることに違いはなようだ。
[PR]

by jara307cc | 2008-06-13 17:58 | 食欲
2008年 06月 10日

尾根ギア

仕事でのメールや文書でもっともよく見かける言葉を挙げるならば、
「いつもお世話になっております」と
「よろしくお願いします」ではないだろうか。

メールの書き出しで「いつもお世話になっております」。
締めくくりは「よろしくお願いします」。
これを書いておけば、たいてい問題なくコミュニケーションが取れる。
ここでも指摘しているが、この2語をさらりと使えるようになると
一人前の社会人、という風情が出てくるように思う。

だが、僕は未だにこれがうまく使えない。
もっと具体的に言うと、「お願いします」の方がダメ。
というのも、「お願いします」を10回書くうち1回くらいは、
「尾根ギアします」になってしまうのだ。
AとIを打つ順番が逆になってしまうせいなのだが、
打ち終わって変換してから「あらら」となることも少なくない。

じゃあ、他の人はどうなんだろう、とググッてみたら、これだけの数がヒットする。
意外とこのタイプミスは多いらしい。

少しだけ安心した。
[PR]

by jara307cc | 2008-06-10 00:31 | その他もろもろ
2008年 06月 07日

金運上昇を神に頼む

貯金はすぐなくなる。借金はすぐ増える。

ノムさんのそんなコメントを聞いて、「ああ、そうだよなあ」と思った。
物欲を満たす際、いつもは、小遣いの中のエンゲル係数を極力減らし、
購入資金がたまってからにしているのだが、
こんなことあんなことがあったおかげで、
我が財布は巨神兵になぎ払われた王蟲のごとく、火の車となっている。

こうなったら、もはや神様におすがりするよりほかあるまい。

というわけで、富士吉田にある新屋山神社に参拝してきた。
ここは、“金運神社”として知る人ぞ知る存在であるそうだ。

f0115549_057914.jpg

まずは、富士山の麓にある本宮へお参り。
本殿まで続く参道には、商売人が寄進したと思しき鳥居が何基も並んでいた。
参拝のご利益に対するお礼なのだろう。ご利益の(どす黒い)期待がいよいよ高まる。
本殿ではお祓いを受け、榊を奉納。丁寧に参拝させてくれる。
そこには「お伺いの石」があった。
その石は、願い事をしてから持ち上げると、前より軽くなるそうだ。
僕もここぞとばかりに(どす黒いものも含め)いろいろと願いながら、
その石を持ち上げさせてもらった。

本宮の参拝を終えた後は、富士山の2合目にある奥宮へ向かった。
スピリチュアル系統に造詣が深い人の言では、そこは磁場が強く、
霊感の強い人なら吐き気がするほどだという。
そんなところならもっと、ご利益がありそうだ。

本宮から林道に向けて車を走らせること15分、奥宮にたどり着いた。
f0115549_1131713.jpg

そこにも宮司がいて、お祓いを受ける。
鳥居の先にある祠に参拝し、ストーンサークルがある社にも詣でた。
さあ、これでガッポガッポとなるか否か。
何年か後、僕の名前の鳥居がこの神社に建っているのを見つけたら、
「あの時お参りしたご利益があったんだな」と思ってもらいたい。

ところで、奥宮に着いた時、少し息苦しさを感じた。
「これがウワサの磁場の影響か?」とその時ちらと思ったが、
ただ空気が薄いせいだろう。
[PR]

by jara307cc | 2008-06-07 23:18 | お出かけ
2008年 06月 03日

肉じゃがは本当に醤油とみりん1:1でいいのか?

「おいしい肉じゃがの作り方。
特選丸大豆醤油とマンジョウ本みりん1:1。それだけ」

このCMを見た大木こだまならこうツッコミそうだ。
「そんなわけないやろ」と。
だって、角煮と同じ味付けになるとは思えない。
そこで、醤油とみりんでできると主張する本人のサイトを参考にして、
肉じゃがをつくってみることにした。

そのレシピを見ると、角煮の時と違って、本当に1:1でつくるらしい。
本当にそれで大丈夫なのか不安になりながら、肉や野菜を刻み、煮込んだ。

f0115549_0144388.jpg

そんなこんなで、完成した肉じゃが。
食べてみる。お、なかなかいい味付けになっているじゃないか。
みりんのおかげで、塩辛くなく、まろやかなお味になっている。
ちゃんと肉じゃがとして通用する味だった。

肉じゃがは、醤油とみりん1:1で大丈夫そうだ。
[PR]

by jara307cc | 2008-06-03 23:44 | 食欲
2008年 06月 02日

さよなら鶴丸

世代交代ってのは、静かに、しかし確実に訪れるものだ。
307も308になった。中央線もすっかりステンレスボディの新車ばかりになった。
先日見たヤクルト−中日戦の、スワローズナインは知らない選手ばかりだったなあ。

JAL機の垂直尾翼にある鶴のマーク(鶴丸)も、
すっかり過去帳入りしたとばかり思っていた。
ところが、5月末までその姿が拝めるという。
その最終日に羽田空港へ行ってみた。

f0115549_21535125.jpg

いたいた。
伊丹へのフライトを前に、しばし羽を休めるJA8985。
「スチュワーデス物語」の頃から、
JALといえば鶴丸だと思っていただけに、寂しい気持ちは拭えない。
昭和から続く伝統がまたひとつ消えてしまうんだなあ。

そんな感慨にふけっていると、出発時刻を迎えた鶴丸は、
離陸のためにC滑走路へ向かっていった。
f0115549_2255721.jpg

[PR]

by jara307cc | 2008-06-02 23:06 | 乗り物
2008年 06月 01日

朝練

f0115549_7302622.jpg

昨日摂取しすぎた塩分・糖分・脂肪分を消費すべく、
朝練をすることにした。
狛江から二子玉川へ、多摩川沿いに307WRC(って言うと凄そうだが、要はチャリだ)を走らせる。
東名高速では、西に向かって、あるいは都心を目指してひっきりなしに車が流れる。
河川敷では野球少年がランニングしていたり、
詩吟をがなりながら歩く人がいたり、
それに警戒して吠える犬がいたり、
朝からにぎやかだ。
[PR]

by jara307cc | 2008-06-01 07:30 | 自転車