jara日記

jara307cc.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:ご当地モノ( 12 )


2007年 11月 03日

優勝セール

f0115549_1622454.jpg

新幹線の待ち時間で、名古屋駅前ビックカメラの優勝セールに寄ってみた。
東京ではジャイアンツ、
札幌のビックではファイタースの応援セールをやってたな。
どこでもいいのか?
[PR]

by jara307cc | 2007-11-03 16:22 | ご当地モノ
2007年 10月 21日

あーあ

f0115549_17261859.jpg

食べたかったなあ。
赤福のぜんざい。
[PR]

by jara307cc | 2007-10-21 17:26 | ご当地モノ
2007年 10月 07日

今日の夕ご飯

浅草の、かっぱ橋で仕入れてきた揚げ物を、夕ご飯にいただいた。
f0115549_22254234.jpg

手前は豆アジの唐揚げで、奥は舞茸てんぷら。
最近、体重が気になっているというのに
ダブルで油物にしてしまった。嗚呼。













・・・というのはウソ。
これらは、10月8日まで行われているかっぱ橋道具まつり
買ってきた、料理のサンプルである。
実物は写真以上にリアルで、普通に盛り合わせていたとしたら
ひょっとすると、気づかずに箸を伸ばしてしまいそう。
職人技の技術の高さに、感服させられる仕上がりだ。

f0115549_22261660.jpg

裏返すとこんな感じ。
こうするとアジは馬脚を露わしてしまうが、
舞茸は遠目ならば、裏でも普通に舞茸天に見えそうだった。
[PR]

by jara307cc | 2007-10-07 22:35 | ご当地モノ
2007年 09月 04日

また買っちゃった

「もう置く場所がない」と文句を言われつつも、
スタバのシティマグ(タンブラー)のコレクションを
じわじわと増やしている。
で、そのラインナップに、新たな仲間が加わった。
f0115549_23393517.jpg


左が羽田空港タンブラー。右は広島シティマグ。
羽田タンブラーは、羽田空港第2ターミナルの52番搭乗口の近くにある
スターバックスだけで販売されている。
つまり、ANAで羽田を発つ場合でしか買うことができない。
一方、広島マグは、宮島の鳥居が描かれている。
原爆ドームを描かないのは、アメリカ企業ならではということなのだろうか。

それにしても、いい加減彼らの置き場所を考えなきゃな。
[PR]

by jara307cc | 2007-09-04 23:45 | ご当地モノ
2007年 09月 01日

おめでとう、前田

f0115549_2132272.jpg

今日は仕事で広島へ来ている。
折しも、今日はカープの前田が2000本安打を達成。
夕食の後、ぷらぷらと市民球場まで来てみたら、
記念グッズ目当ての行列がズラリ並んでいた。
カープファンではないのだが、
少しだけ欲しくなった。
[PR]

by jara307cc | 2007-09-01 21:32 | ご当地モノ
2007年 08月 29日

キギョウコラボスイーツ

企業コラボスイーツが好きだ。
最近ではこんなのや、過去にはこんなの(3月9日)
買ってみたりしている。

で、最近ちょっと気になったのがニコンようかん
なぜに精密機器メーカーのニコンが、ようかんを売るのか。
機会があったら食してみたいものだ。
[PR]

by jara307cc | 2007-08-29 23:51 | ご当地モノ
2007年 06月 24日

パリマグ

先日フランス旅行から帰ってきた義父母から、土産をもらった。
f0115549_2332394.jpg

スタバのパリマグ。
パリと言えば誰しもが思いつくであろう、凱旋門が描かれている。
場所が場所なだけに手に入れることが難しいマグなので、けっこう嬉しい。
サイズは16オンス(473ml)。
外国のシティマグは、なぜにこんなにも大きいのだろう?
[PR]

by jara307cc | 2007-06-24 23:16 | ご当地モノ
2007年 06月 05日

jaraの建もの探訪

都知事選出馬からこっち、良くも悪くも(いや、悪くも悪くもかも知れない)
すっかり有名になった建築家・黒川紀章
そこで、彼の仕事っぷりとはどんなものだったのかを検証すべく、新橋に向かった。

向かった先は中銀(なかぎん)カプセルタワービル。昭和40年代の彼の作品である。
当時、彼ら建築家が好んで用いた
「メタボリズム(新陳代謝)」という考え方に基づいて建設された。
メタボリズムとは、単純に言うと
「建築や都市は、新陳代謝(メタボリズム)を通して
成長しなければならない」ということらしい。
このビルの凸凹している外観は、ひとつひとつがカプセルになっていて、
老朽化したカプセルは取り外して、新しいカプセルと交換できるようになっている。
これぞメタボリズム。

(ここからは渡辺篤史になったつもりでお読みください)
それでは、ビルの方、拝見したいと思います。
f0115549_22163917.jpg

いやあ、個性的なビルですねえ。
丸い窓が王蟲の目のようにも見えますねえ。
凹凸の激しい外観はジェンガのタワーを想像させるようですなあ。

続いては、建物の中へ邪魔させていただきたいと思います。
あ、ダメ?建物内にモデルハウスがあるから、それを外の窓から見ろ?
仕方ないですねえ。では、外から拝見させていただきたいと思います。
あ、窓には何か書いてありますよ。
ふむふむ、“カプセルとは「ホモ・モーベンス」のための住いである”と書いてあります。
さすが黒川先生。意味はよくわからないですけど含蓄のある言葉ですねえ。

では、改めて中を拝見させていただきましょう。
f0115549_2257628.jpg

いやあ、なんと言いますか、スペーシーというか、宇宙っぽいですねえ。
しかもそれが昭和というか、高度成長期っぽい。
見てください。窓の横にあるベッドの、頭の部分には
ソニー製のオープンリール式のテーププレイヤーがありますよ。
最近ではとんと見かけなくなっただけに、懐かしさもひとしおですねえ。
隣には同じくソニー製のラジオがあります。おや、上の方にはテレビがありますよ。
これもソニー製ですねえ。銀座つながり、ということでしょうか。
ちなみに、この左はライティングデスクになっているそうです。

この反対側は、ユニットバスになっているそうです。
窓の外からはうかがい知ることはできませんが、きっと昔の近未来っぽいんでしょうなあ。
ここには洗濯機も置けないそうで、洗濯には難儀するそうです。
カッコよさのためには、何かを犠牲にしなければならないこともあるんでしょう。

それにしても、こんな狭いながらも美しいスペースがあれば、
生活も楽しくなるんじゃないでしょうか。
実用性よりもカッコ優先というところに、“粋”も感じられますねえ。
私、このビル、意外と好きかも知れません。

実は、このビルは最近になって、アスベスト問題で取り壊しが決まったそうです。
いやあ、残念です。外から“建もの探訪”できるのも、今のうちかも知れませんねえ。
[PR]

by jara307cc | 2007-06-05 23:28 | ご当地モノ
2007年 05月 24日

エージェント・やませみからのギャランティー

先日、エージェント・やませみくんからのミッションを果たした我々。
そんな我々に、謎のギャランティーが与えられた。

f0115549_224113100.jpg

ダムタンブラー。

胴体の部分に、神流湖の堤の部分が描かれている。
タンブラーには、保温・保冷機能が付いているらしい。
色違いを送ってくれるなんて、気が利いているなあ。
思ったよりよさそうなものだったので、ちょっとうれしいかも。
下久保ダム管理所さん、ありがとうございました。

あ、そうそう。
タンブラーと一緒に、こんなものも送っていただいた。
f0115549_22523031.jpg

[PR]

by jara307cc | 2007-05-24 22:57 | ご当地モノ
2007年 05月 17日

非常食に手を付ける

東京は昼過ぎまで雨だった。

普段ならお昼は外に出るのだが、
時間も遅くなり、天気も悪かったので、
会社のロッカーに備蓄しているインスタントラーメンを食べることにした。

f0115549_1735472.jpg

スガキヤのカップ麺。

味はあまり期待していなかったのだが、思ったよりうまかった。
ノンフライ麺で、ツルツルシコシコなのもいい。カロリーも低く抑えられるし。
今度車で名古屋に行く時は箱買いしよう。
[PR]

by jara307cc | 2007-05-17 17:03 | ご当地モノ