jara日記

jara307cc.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:食欲( 68 )


2009年 10月 10日

秋のラーメン強化週間

先のヤビツ行きで、課題がいくつか見えてきた。
まずはギア比。僕の貧脚にはもっと低い(軽い)ギアが必要だ。
次に脚力。もっとトルクが出せる脚力が付けば、いまのギアでも回しきることができるはず。
最後は軽量化。これは主に自分の軽量化が必要だ。
なにしろ、数年前から10kg近く体重が増えてしまっているのだ。
10kgのバラストを背負って登っているようなもの。
これが無くなれば、今の身体能力でも数分の短縮が可能になろう。

この中で、いちばん手っ取り早くできそうなのが軽量化だ。
ひとまず、マイナス5kgあたりを目指したいなあ。

とかなんとか思いながら、思い通りにはいかないもので、
集中的にラーメンをいただいてしまった。
f0115549_222397.jpg

まずは埼玉・久喜の手もみらーめん十八番で、特製十八番ラーメンと餃子。
f0115549_22283125.jpg

ラーメンもさることながら、ここは餃子がうまい。
サイズは大きい。皮ももちもちとしている。
ラーメンと一緒だと、腹いっぱいになった。

次に訪れたのは、ラーメン二郎・環七新代田で、小豚。
f0115549_2375378.jpg

表面の油の層がやや減ったか?かつてのパンチ力がやや減になってしまったようだ。

さてさて、お次は浜松の 喜慕里で、ラーメンと餃子をいただく。
f0115549_2336720.jpg

ラーメンは、麺がゆで過ぎているように思った。餃子はまあまあ、といったところか。
十八番の餃子の方が、僕は好みだ。

翌日は、愛知・新城のスガキヤへ。
f0115549_2325214.jpg

これを食べると、中京地区に来た感じがする。

f0115549_2335576.jpg

締めくくりは、代田橋の首里製麺へ。
ソーキすば(ここではそばをそう呼ぶらしい)もうまかったが、
一緒にオーダーしたゴーヤちゃんぷるがうまかった。

軽量化への道は、果てしなく長い。
[PR]

by jara307cc | 2009-10-10 23:48 | 食欲
2009年 08月 21日

ラディッシュリターンズ

ちょっと遅い朝食で、名古屋の喫茶店・ラディッシュを訪れた。
今朝は初めて、キング・オブ・名古屋メシの筆頭格、小倉トーストを頼んだ。
f0115549_10153812.jpg

母ちゃんが、息子にするように取り分けてくれた。
そのボリューム感に、朝っぱらから完食できるのかと不安になったが、
何も問題なくいただけてしまった。
毎日炊いているというアンコが甘過ぎないのもうれしいところだ。
マーガリンの軽い塩味もいいアクセントになっている。

うまかったよ、母ちゃん。
[PR]

by jara307cc | 2009-08-21 10:15 | 食欲
2009年 07月 21日

ガッツリランチ

f0115549_15314080.jpg

久しぶりに、高槻ののらやに来た。
たっぷり牛肉の辛味噌ぶっかけうどんの大盛りを頼む。
器の大きさに一瞬ひるんだが、おいしくいただけてしまった。
じゃじゃ麺インスパイア系なんだから、
最後に残ったタレをスープ割りにできればいいのにな。
[PR]

by jara307cc | 2009-07-21 15:31 | 食欲
2009年 07月 18日

土用の牛

f0115549_1948437.jpg

暑さ厳しき折。
夏バテを防ごうと、太樹苑で焼肉を食らった。

レッツ肉食男子。ガツガツと夏を乗り切ることにしよう。
[PR]

by jara307cc | 2009-07-18 19:48 | 食欲
2009年 06月 05日

肉まみれの夕食

f0115549_18544165.jpg

食い倒れつつある今回の旅。
今日のディナーは、帯広のはげ天で、豚丼(特)を。
濃厚なテイスト、クリスピーで香り高い焦げ目、
帯広の豚丼のもう一方の雄、ぱんちょうよりうまいと思った。
[PR]

by jara307cc | 2009-06-05 18:54 | 食欲
2009年 06月 04日

今宵はジンギ

f0115549_19315134.jpg

今日の夕ご飯は、札幌は中島公園近くのふくろう亭で。
ジンギスカンをいただいたのだが、臭みがほとんどなく、おいしくいただけた。

少々食べ過ぎかもしれない。
[PR]

by jara307cc | 2009-06-04 19:31 | 食欲
2009年 06月 02日

北海道の1食め

f0115549_20561251.jpg

列車にゆられることほぼ半日、
札幌にたどり着いた。まずは札幌駅近くの一粒庵で腹ごしらえ。
スープはこってり、麺はもっちりで、なかなかうまかった。
[PR]

by jara307cc | 2009-06-02 20:56 | 食欲
2008年 08月 01日

日本の夏、つけ麺の夏

f0115549_15233039.jpg

赤坂に来たついでに、やすべえ赤坂店でつけ麺をすする。
ここは麺の量が同額で大(220g)・中(330g)・小(440g)から選べるのに、
ちょっと自主規制して真ん中をチョイスした。

日和ったなあ、自分。
[PR]

by jara307cc | 2008-08-01 15:23 | 食欲
2008年 07月 29日

学食でフレンチ

僕が学生だった頃、学食といえば「質より量」がなにより優先だった。
おばちゃんが冷凍の麺をゆがいて、作ってくれたラーメン。
具がほとんど入っていなかったカレー。
だが、それのおかげで500円玉ひとつあればお腹いっぱいになれたものだ。

そんな学食が、変わりつつあるらしい。
そのひとつ、東京大学駒場キャンパス内のルヴェ ソン ヴェールに行ってみた。

一戸建てのレストランといった風情で、店内も落ち着いている。
窓の外には、キャンパスの豊かな緑が望めるという、
学食という言葉が何とも似合わない雰囲気。
これがキャンパス外にあったならば、代金は5割増くらいになるんじゃなかろうか。

f0115549_23385971.jpg

食べたのは、今日のランチ(豚肩肉のロースト 白ワイン風味のソース)。
今日のランチは、肉料理の他に魚料理・パスタからも選べて、すべて800円。
コーヒーか紅茶を付けても1000円ですむ。
今日の肉料理は、脂が少なくあっさりとして、さっぱりとしたソースがよく合っていた。
しかし、パンにはバターが付かず、
食べにくいのが残念なところ(頼めばを持ってきてくれるらしい)。
流通量が少ないことはわかるが、
バターくらいはデフォルトで付けてもらえるといいと思う。

と、なんだかんだ言ったところで、
1000円でこれだけのものが食べられるなら充分だ。
ここがキャンパス内であることを、しばし忘れさせてくれるようなレストランだった。

それを思い出させてくれたのは、出口の貼られたこのポスターだった。
f0115549_2354717.jpg

博物館の企画展もまじめかつマニアックなのは、さすが東大というべきか。
[PR]

by jara307cc | 2008-07-29 00:07 | 食欲
2008年 07月 16日

友人の家で食べるスープカレー

甲子園の神奈川県予選のように強豪揃いの下北沢のスープカレー屋。
そこにあえて討って出ようという店が現れた。
その心意気に感じ入って、食べに行ってみた。

f0115549_2325262.jpg

「鳥のスープカリィ」(大)を注文。
辛さはほどほど。だが、追加のスパイスを置いてくれるので
ちょうどいい辛さに調節できる。
カレーの質は他のスープカレー屋に負けないように思えた。

客席は、カウンターが3席と、小上がりに昭和テイストのちゃぶ台が2台。
さすがに店名の由来が「ちゃぶ台」+「薬膳」というだけのことはある。
小上がりの片隅には、家庭用の炊飯器が、肩身が狭そうにしていた。
カウンターには、スパイスの瓶が東京のビル街のように無計画に林立している。
それらを見ていると、一人暮らしをしている料理好きの大学の友人に、
自慢のスープカレーをふるまわれるような、そんな気分になった。
[PR]

by jara307cc | 2008-07-16 23:31 | 食欲