カテゴリ:クルマ( 59 )


2009年 10月 23日

モーターショー、行ってみました

開催前からしょぼい、しょぼいと言われ続けていた東京モーターショー
とにもかくにも、そんなモーターショーに行ってみた。

いつもなら、モーターショーではとりあえずプジョーのブースに行っていたものだが、
今回はそれがない。
シトロエンも、ルノーも、ヒュンダイだって、いない。
不景気だから、というのはわかるが、
2年に1度の車のお祭りなのだから、やはり出展して欲しかった。

それでも、いくつか気になった車はあった。
f0115549_2157237.jpg

まずはトヨタ・FT-86 Concept。
スバルの水平対向エンジンを載せたFRスポーツで、ハチロクの再来、とトヨタは言う。
写真で見た時、ハチロクというにはデザインが凝り過ぎているように思ったが、
実物はコンパクトさが感じられて、好印象だった。
廉価で売ってくれれば、人気が出るのではないだろうか。
昭和生まれの僕にとっては、ボクサーエンジンがバタバタ言ってくれると、もっとうれしい。

トヨタからもうひとつ。
f0115549_228177.jpg

レクサスLFA
このご時世に、よくぞ世に出してくれた。
イタリアン・スーパーカーのような美しさはないが、なかなか頑張ったんじゃなかろうか。
ヤマハ(発動機ではない方の)がチューニングしたエンジン音もなかなかステキだった。

f0115549_22315495.jpg

意外と気に入ったのは、ダイハツ・バスケット。
オープン4シーターだし、軽トラのような荷室は、どんな荷物でも気にせず載せられそう。
21世紀の2CVのようだと言ったらほめ過ぎか。
ネイキッドの失敗に懲りず、市販してくれると嬉しい。

ダイハツといえば、やはりこの車
f0115549_22462593.jpg

初披露の1999年のモーターショーから、皆勤賞なんじゃないかというくらい、
毎度毎度お目にかかっている。
次回も、この場所でお目にかかることができるだろうか。

スバルのブースにも変化が。
f0115549_2332114.jpg

この場所は、青いインプレッサの指定席だったんだがなあ。
時代の変化を感じずにはいられなかった。

外国車メーカーが去って、余ったスペースを埋めるための企画なのだろうが、
歴代カー・オブ・ザ・イヤー受賞車の展示は、昭和生まれには刺さった。
f0115549_22592483.jpg

f0115549_2303385.jpg

[PR]

by jara307cc | 2009-10-23 23:19 | クルマ
2008年 07月 07日

ひとりフレンチ・フレンチ・イースト

f0115549_14223927.jpg

たまたま通りがかったカルフール@幕張で、
ひとりFFEを開催してみた。

当然ながら、フレンチカーはほぼ皆無。
広島市民球場でのベイスターズファンのような、アウェイ感だ。
[PR]

by jara307cc | 2008-07-07 14:22 | クルマ
2008年 05月 09日

308デビュー

プジョー・308がとうとう国内でもデビューした。
f0115549_242114.jpg

とうとう307も先代モデルというわけだ。
くわしいスペックはこちらを見ていただくとして、
拝見した感想を少し記しておこう。

f0115549_2451332.jpg

GTiは、2ドアハッチ+6速MTのみと、非常にマニアック。
f0115549_31424.jpg

全幅は広がっても、足下スペースはやはり狭かった。
この辺りは左ハンドルにすれば解決するのだろうが、
導入を検討してもらえないだろうか。
f0115549_3165063.jpg

MTのギアが1枚増えたのもトピックだろう。これは307CCにも欲しかった。
シフトストロークは、プジョーの伝統に従って長めだった。

f0115549_3202591.jpg

グレードでも、エンジンはテンロク直噴ターボ。
EW10J4(S)と比べると小さく見えるように思ったのだが、
果たしてそれは正解なのだろうか。
なりは小さくても、出力、トルクともに307のそれを上回る。

f0115549_3245964.jpg

インテリアの質感も高まった。
インテグラルレザーのモデルは特にそう。
このクラスの車とは思えない上質さがある。
f0115549_3292047.jpg

メーターパネルもずいぶん色気づいてきた。

だが、「やっぱり変わってないなあ」と思うところもある。
f0115549_3301970.jpg

グローブボックスが狭かったり、
f0115549_331295.jpg

ワイパーが左上だったり。
完全な右ハンドル仕様にするのは、まだ難しいか。
それができれば魅力が増すとおもうのにな。

難くせをつけたりもしたが、
307と比べると正直進化したなと思う(お値段もずいぶんと成長したが)。
ファミリーカーにはうってつけなのではないだろうか。
プレミアム以外にはガラスルーフも付いているから
後席の住人も喜んでくれるだろう。

ガラスルーフといえば、308SWもそろそろデビューだそうだ。
f0115549_3361013.jpg

[PR]

by jara307cc | 2008-05-09 01:22 | クルマ
2008年 04月 25日

ニコちゃん大王、世に出る

このままで登場する可能性は少ないと思っていた308RCZ。
でも、来年のフランクフルトモーターショーで、量産型がデビューするそうな。
そのリリースによると、再来年の春には市販化されるという。

日本市場にやってくるかどうかはわからないが、
ニコちゃん大王を彷彿とさせるダブルバブルのルーフに、
ひょっとするとまたお目にかかれるかも知れない。
[PR]

by jara307cc | 2008-04-25 23:34 | クルマ
2008年 04月 25日

うどんオフ

どうみょうさん主催のうどんオフに、今年も参加させていただいた。
そろそろ一週間になろうとしているが、思い出しつつレポート。

f0115549_095373.jpg

集合場所の榛名湖畔から、県道33号・渋川松井田線を伊香保へ。
隊列の真ん中あたりに陣取り、山を下りる。
ワインディングの隊列走行ってのは、いつみても絵になるものだ。

f0115549_0124227.jpg

ふもとに下りると、オドメータが40,000㎞をわずかに過ぎていた。
こういうのは、キリのいい数字を記録するべきなのだが、
すっかり忘れておりました・・・。

f0115549_018073.jpg

大澤屋でうどんをつるつると。
舞茸価格が高騰しているせいなのか、
舞茸天がいささか小さくなったような気がするのは残念なところだが、
讃岐うどんにも負けないコシが好ましい。
粉食、バンザイ。

その後、ソフトクリームを食べよう、ということで
グリーン牧場まで移動した。
f0115549_0303987.jpg

やあ、今年もお会いしましたね。
ADINGの皆さんも、毎年同じ時期にミーティングをしているようだ。
そろそろ解散の時間らしく、3S-GEを轟かせながら散っていった。

そこの駐車場で。
f0115549_058292.jpg

しんさんは ふしぎなおどりを おどった!
さくらの MPが 5さがった!

てなわけで、今年も無事終了。
幹事のどうみょうさん、お疲れさまでした。

f0115549_0525911.jpg

[PR]

by jara307cc | 2008-04-25 01:01 | クルマ
2008年 04月 01日

暫定、終了

f0115549_11402963.jpg

エイプリルフールに、
ウソのようなホントの出来事が起こった。

車の税金の暫定、終了。

そもそも、30年以上見直しもせず、
暫定税率を続けてきたことに無理があった。これを機に、納得できる車の税金について、
よく議論してもらいたい。
[PR]

by jara307cc | 2008-04-01 11:40 | クルマ
2008年 02月 29日

閏日

今日は、4年に一度の閏日。
車に乗ったら、「今日は2月29日です。
閏日です」とカーナビが話しかけてきた。

次にこのアナウンスが聞けるのは4年後。
車はほぼ8年落ちになっているはずだ。
大きなトラブルもなく、その声が聞きたいものだと思った。
[PR]

by jara307cc | 2008-02-29 23:59 | クルマ
2008年 02月 28日

スカイラインにクーペのときめきはあるのか?

ひょんなことから、スカイラインクーペに乗る機会に恵まれ、
都心をプラプラしてきた。
f0115549_2330835.jpg

グレードは最上級グレードのType SP。
447.3万円の車両本体価格は、307CCとかぶる。

333psのエンジンは、生涯運転した中でもっともパワフルだったんじゃなかろうか。
踏めば出るといった感じで、とにかく速い。
舵は切っただけスパッと曲がる。
切れ味がいいのはいいことなのだろうが、
ロールせずに曲がるハンドリングは、フランス車乗には違和感があった。

f0115549_23533394.jpg

インパネはセダンと共通のようだ。
スポーティというより、ラグジュアリーという言葉が似合う。
運転席からはボンネットフードの稜線が見え、車両感覚がつかみやすい。
それもあってか、1820mmの全幅もそれほど気にはならなかった。

それで、クーペのときめきがあったかどうかだ。
車に乗る前と乗った後、ボディを眺めるとき、
そして信号待ちの間に建物のガラスなどに車の姿が映ったときには
ときめきを感じられると思うが、都内をうろちょろするくらいでは
圧倒的なパワーとトルクによるときめきは感じられなかった。
箱根あたりを走れば、それらにときめきまくれるはずだ。
[PR]

by jara307cc | 2008-02-28 00:07 | クルマ
2008年 02月 26日

あなたと、合併したい・・・


あちこちでうわさになっていたが、
プジョー・ジャポンとシトロエン・ジャポンが合併するんだそうだ。
トヨタとダイハツの、フランスの現地法人が合併するようなものだろうか。

「シナジー効果を最大限に活用できるようなプロセスの構築」(リリースより)で、
ユーザーやインポーター、ディーラーが幸せになるような縁組であって欲しいものだ。
[PR]

by jara307cc | 2008-02-26 19:57 | クルマ
2008年 01月 13日

激狭駐車場

TVチャンピオン2のギリギリ駐車王選手権を見た。
左右の余裕が1㎝しかない駐車場に止めるまでの早さを競ったり。
車両感覚の正確さに驚く。
こんなの駐車場に余裕がない日本人にしか出来ない芸当だろうな。

思い出した。
会社の近くにそんな駐車場があったっけ。
f0115549_21455888.jpg

幅はギリギリ。鼻先だけちょこんと出ていてかわいい。
でも、どうやって車に出入りするんだろう?
[PR]

by jara307cc | 2008-01-13 21:55 | クルマ