jara日記

jara307cc.exblog.jp
ブログトップ
2009年 05月 24日

307WRC・ターマック化

不躾棒でおなじみの三本和彦氏は、SUVに試乗するたび、こう言っていたものだ。

「銀座へ登山靴で行くようなものだ」

そんなミスマッチも悪くないんじゃないか、と思っていたのだが、
ロードバイクを買ってから、その意味がわかった。

307WRCって、オンロードだと遅い。

一番の原因は、ブロックパターンのタイヤによる走行抵抗の大きさ。
それを解消すべく、新たなホイールとタイヤを導入した。

f0115549_22404381.jpg

どうせならと、ロードバイクと同じ700Cのホイール&タイヤにしてみた。
フレームのデザインがゴツいだけに、細身のタイヤとのバランスがあまりよろしくないが、
走行抵抗の低下と高速巡航性能の向上のために、そこには目をつぶった。

f0115549_225312.jpg

f0115549_22534861.jpg

クリアランスが少ないフレームだと、
径が大きい700Cのタイヤと干渉してしまうことがあるそうだが、
307WRCは、問題なく700C化できる。
世界35万の307WRCユーザーの皆さんの、オンロード化への参考になれば幸いだ。

走らせてみると、走行抵抗が低下しているのが確かにわかる。
空走していても、速度が落ちにくい。
細身のスリックタイヤで、しかも空気圧を高くできたおかげだろう。
しかし、元々の重さーーロードバイクのおよそ2倍もあるーーや、
トルクを吸収してしまうリアサスーー快適性とのトレードオフだがーーもあいまって、
ロードバイクと同様の快適さが得られるとまではいかなかった。

とはいえ、ブロックパターンのタイヤを履いていた頃より、
オンロードでの違和感はなくなった307WRC。
“銀座へパタゴニアを着て行くようなもの”くらいにはなったんじゃなかろうか。
[PR]

by jara307cc | 2009-05-24 23:37 | 自転車


<< チーム・ガーミンに(少しだけ)...      いまさらながら、懐ゲー >>